レボフロキサシン錠|先発品と後発品(ジェネリック)

クラビット

クラビットは第一三共が製造し販売するニューキノロン系の先発品の抗生物質です。

クラビットは細菌のDNA合成に必要な酵素作成を阻害することで細菌増殖を抑え死滅させます。抗生物質でもニューキノロン系であり、細菌がDNA複製するときのⅡ型トポイソメラーゼのDNAジャイレースとトポイソメラーゼⅣを阻害し殺菌します。このような作用をすることで細菌の中でも通気性および嫌気性の陽性菌から陰性菌まで、広範囲に多くの細菌に対する効果を持ちます。

副作用が少なく効果が高い

これまでの抗菌薬と比較すると、細菌を攻撃する作用が強く数多くの細菌に有効です。細菌が多く集まる部位に速やかに移行することも特徴です。他の薬では点滴が必要なことに対し経口で服用でき、すなわち飲み薬として使えます。

ニューキノロン系の抗生物質は、幅広い細菌に対して効果があります。気管支炎や肺炎、咽頭炎や中耳炎、膀胱炎などと様々な感染症に効果があります。

主な副作用は吐き気、めまい、頭痛、発疹、下痢などです。ただし副作用の頻度は0.1~0.5%程度とされており、特別警戒する必要もありません。

レボフロキサシンのジェネリック医薬品

クラビットのジェネリック医薬品ももちろん製造されており、いくつもありますが、代表的なのは、レボフロックス、レボクイン、エルクインなどがあります。ジェネリック医薬品にも250mg錠や500mg錠があり、その他にも飲みやすくしたOD錠もあります。クラビットのジェネリック医薬品にも、同じ有効成分のレボフロキサシンが使われています。クラビットと効果に違いはありません。

クラビットと同じように、膀胱炎や前立腺炎、咽頭炎や気管支炎、中耳炎や副鼻腔炎、クラミジアなどに効果があります。

クラビットを服用する場合は、病院で診察を受けて処方箋をもらわないと、手に入りません。しかしジェネリック医薬品なら個人輸入代行サービスを行っている通販サイトで購入可能です。海外のメーカーや小売店から直接日本へ輸入し、クラビットのジェネリック医薬品が安く手に入れることが出来ます。

海外で実際に使用されて販売されているジェネリック医薬品を日本に輸入し届けるので、病院に行って処方を受けなくても手に入り、ジェネリック医薬品はクラビットと同様の効果を得られます。クラビットのジェネリック医薬品は取り扱いが多く、いくつもの種類があるので、自分で納得できる専門通販サイトで購入しましょう。